スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待値って?

よく「期待値を積む」とか「期待値を追う」とか言いますがぶっちゃけ
よくわかっていませんw
と言っても簡単には理解しているつもりなので、確認の意味も込めて書きます。

期待値
 期待値(きたいち)とは、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。

へーってわかった人はすごいかなって思います。
私はわかりませんでしたが、簡単に言うと…

期待値っていうのは、同じ状況何回も繰り返したときに得られる1回あたりの平均収支です。
これが私の考える期待値です。間違っていたらごめんなさい。

ということは期待値2000円という台があったとして、1台打った場合では期待値どおりにでない可能性があります。
例えば、期待値2000円の台を10台打ったとして下記のような結果になったとします。

期待値

期待値2000円だったら、平均が2000円になるはずですがこの10台を打った段階では-1200円です。

よく期待値いくつと表記されているのは、何万回とやった際にでる平均値です。
なので、10回やそこらではでないことがざらです。
もちろん逆もあります。最初にどかんと期待値以上稼いで落ちていく。
実際に私も経験しています。
というのも、天井到達していっぱい出た、少ししか出なかったやすぐにフリーズをひいてしまったなど
様々なことが重なりこのようなことになると考えています。
このことから、期待値を稼ぐや期待値を追うとは何回も期待値がある台を打ち、最終的には
平均で期待値分を目指すということになります。
もちろん収束するかは何万回やってもわからないのが現状です。
なので簡単に結果を求めず、永い期間を我慢して打つことが大事だと思います。

あッ もちろん期待値どおりに打ってもやめどきも大事になってきますね。


関連記事
---スポンサーリンク---

Comment


    ---スポンサーリンク---

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。